見落としがちな鼻の中の吹き出物!どう治療すべき?

見落としがちな鼻の中の吹き出物!どう治療すべき?

吹き出物が出来やすい箇所というのは、色々あり、主に顔に出来やすいのですが、
その他にも、背中にも出来ますし、あまり知られていない箇所に出来ることもあるので、
油断が出来ません。

 

例えば、鼻の頭に吹き出物が出来てしまうのはよくあることで有名ですが、
鼻の頭ではなく、鼻の中に出来てしまうこともあるのです。
鼻の中をいつも覗いている人ってそういないと思いますが、
いくら毎日覗いてみても、吹き出物が出来たと気づく人もそう多くないでしょう。

 

そのわけは、毛で覆われているので、皮膚があまり見えないからです。
鼻の中はとてもデリケートですから、毛に覆われることで、外部からの刺激に、
しっかりと保護してくれているわけですから、無駄毛というのはちょっと毛に対して
失礼な言葉になりそうですが、しかし現実問題として、毛が肌に当たることで、
炎症を起こしやすくなるのは事実です。

 

その為、放置状態にしておけば、益々悪化してしまい、
気が付いた頃には、かなり進行していたということもよくあるのです。

 

鼻の中に吹き出物が出来やすい人は、普段から鼻をほじったり、毛抜きで鼻毛を抜いたりする人に多く、
逆に鼻毛を伸びっぱなしにしているという人も、炎症を起こしやすいそうです。

 

その為、普段からそういった行為をしないことが大切なのですが、その他にも、鼻の中だけでなく、
手や指等も清潔にしておくことや、長い毛は、適度に切っておく必要があります。
あまりに酷くなってしまった場合は、皮膚科等で軟膏を処方してもらったりも出来るので、
自己判断で決めるのではなく、きちんとした医師に診てもらうということも、早期発見、早期治療に繋がります。

 

何となく鼻の中に違和感を感じるという方は、先ずは皮膚科・耳鼻科に通ってみましょう。